Xbox Oneがローンチを迎え、次世代機が出揃った今冬のホリデー商戦ですが、市場調査会社InfoScoutがまとめた買い物客への調査にて、WalmartやTarget等でのブラックフライデーの売上では、マイクロソフトのXbox OneとXbox 360が据置ゲーム機の1位2位を独占したことが明らかになりました。


Xbox Oneは、現在発売されているハードの中でもっとも本体価格が高いにも関わらず、31%を占めて据置ゲーム機1位を獲得。2位のXbox 360も30%と高いシェアを獲得し、Xbox勢が61%を占めました。Xboxの好調は、PS4の出荷が追いつかなかったこと、ウォルマートなどで360が99ドルのブラックフライデー価格で提供された影響が大きいとされています。

PS3/PS4はそれぞれ15%を獲得。Wii Uは6%、Wiiは1%でした。ホリデー商戦で勢いを取り戻したいWii Uですが、復調には至っていないようです。

ハードを購入したユーザーのうち85%は、ホリデー期間中に2本以上ゲームを購入する計画があるそうで、初期ユーザーならではの高い購入意欲が見て取れます。ブラックフライデーにおいても、ゲーム市場はソフト市場を中心に動き、ソフトウェアの消費はハード本体を上回ったとと報告されました。

ブラックフライデーのコンソール売上

  1. Xbox One – 31%
  2. Xbox 360 – 30%
  3. PlayStation 3 – 15%
  4. PlayStation 4 – 15%
  5. Wii U- 6%
  6. Wii – 1%

ソフトウェア売上は『Call of Duty: Ghosts』が首位を獲得。また、ディズニーがいい感触を得ていると自信を見せていたとおり『Disney Infinity』が2位につけました。3位は『Skylanders: Swap Force』、4位は『Grand Theft Auto V』、5位は『Madden NFL 25』でした。任天堂ソフトでは『スーパーマリオ 3Dランド』が14位、『ゼルダの伝説 神々のトライフォース2』は18位に入っています。

ソフトウェア売上 Top 20

  1. Call of Duty: Ghosts
  2. Disney infinity
  3. Skylanders: Swap Force
  4. Grand Theft Auto 5
  5. Madden NFL 25
  6. Assassin’s Creed 4: Black Flag
  7. Batman: Arkham Origins
  8. NBA 2K14
  9. Lego Marvel Super Heroes
  10. Assassin’s Creed: Revelations
  11. Call of Duty: Black Ops
  12. FIFA 14
  13. NCAA Football 14
  14. スーパーマリオ 3Dランド
  15. WWE 2K14
  16. Call of Duty: Modern Warfare
  17. The Last of Us
  18. ゼルダの伝説 神々のトライフォース2
  19. Killzone: Shadow Fall
  20. Batman: Arkham Origins

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で