バンダイナムコの『鉄拳』や任天堂の『ピクミン』『ピクミン2』、『メトロイドプライム ハンターズ』等のディレクターで知られる任天堂の阿部将道氏が、任天堂でオリジナルタイトルの開発に取り組んでいることが明らかになりました。


鉄拳シリーズのプロデューサー原田勝弘氏が、Twitterでファンから阿部氏の近況を尋ねられて返答したツイートによると、阿部氏は現在京都でオリジナルタイトルに取り組んでいるとのこと。

阿部氏はこれまでアメリカのNintendo Software Technology(NST)に在籍しているものと思われていましたが、既に帰国しており、国内任天堂で新規IPの開発に取り組んでいるようです。

最近は続編偏重の傾向も強い任天堂ですが(ソフト資産が膨大なので仕方のない面もありますが)、チャレンジングな新規タイトルの誕生を期待したいところです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で