任天堂アメリカは22日、忙しいホリデーシーズン期間の旅行者へ心地よい体験を提供すべくサウスウエスト航空との提携を発表しました。


この提携により、2013年11月25日以降のホリデー期間中、ダラス・ラブフィールド、アトランタ、デンバー、シカゴ(ミッドウェイ)、セントルイスとタンパといったサウスウエスト航空便が発着する6空港内にWii Uゲームラウンジが設置され、この冬マストハブなソフトの1つである『スーパーマリオ 3Dワールド』など任天堂のゲームを楽しむことができます。

また、ゲームラウンジ初日である11月25日には、朝からマリオがダラス・ラブフィールド空港に来場。休暇のためにサウスウエスト航空便に搭乗する非常に幸運な乗客へ、特別なサプライズを持って迎えるということです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で