国内では11月20日にリリースされた、ニンテンドー3DS用の2D採掘アクション『スチームワールド ディグ』ですが、開発元のスウェーデンのデベロッパーImage & Formでは2014年リリースを目指し、次回作の開発が進行中です。


Image & FormのCEOであるBrjann Sigurgeirsson氏によれば、次回作は『SteamWorld』ユニバースのタイトルであり、ゲーム要素は踏襲する面もあるものの、直接の続編、つまり『スチームワールド ディグ2』にはならないだろうとしています。また異なるシステムも導入されていて、混在する要素は非常に興味深くエキサイティングなものになっているとのこと。

Sigurgeirsson氏はまた、Image & Formはニンテンドー3DSを素晴らしいプラットフォームだと考えていると述べ、新作のリードプラットフォームも3DSになることが明らかになりました。具体的な発売日はまだ定かではないものの、2014年のリリースを予定しているとのこと。

『スチームワールド ディグ』は欧米では2013年8月に、国内では11月20日よりニンテンドー3DSのニンテンドーeショップにてインターグローより800円で配信が開始されました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で