海外メディアのインタビューを通じてシングルプレイ用の可能性も模索していくことが伝えられている『スーパーマリオ』シリーズですが、社長が訊く『スーパーマリオ 3Dワールド』において、国内でも公式に、マリオの生みの親である任天堂の宮本茂氏から『スーパーマリオギャラクシー』系統も開発を続ける考えがあることが明らかになりました。


宮本氏は社長が訊く『スーパーマリオ 3Dワールド』の中で、「ファンの方に誤解なきよう伝えたいのは、『マリオギャラクシー』を今後つくらない、というわけではないんです」と開発チームを代表してコメント。『マリオギャラクシー』はより様々な事にチャレンジしていくタイトルで、2Dマリオはある程度制限がある中で、わかりやすく工夫されるものという住み分けで続けていきたいと語りました。

『3Dワールド』は紛れもなく3Dマリオではあるのですが、2Dマリオの長所を3Dに落とし込んだタイトルで、3Dマリオで期待される方向であるあっと驚く大胆なギミックや、いわゆる箱庭路線とは異なります。『3Dランド』『3Dワールド』でユーザーの3Dコンプレックスを取り除いた後に続く作品として、チャレンジングな新作マリオの登場に期待したいところです。

スーパーマリオ 3Dワールド
スーパーマリオ 3Dワールド
メーカー: 任天堂
開発: 任天堂
発売日: 2013年11月21日
ジャンル: 3Dアクション
プレイ人数: 1~4人
対応: ニンテンドーネットワーク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で