韓国任天堂は12日、「Monster Hunter 4 Direct 2013.11.12」を配信し、ニンテンドー3DS用ソフト『モンスターハンター4』を韓国国内で2013年12月14日に発売すると発表しました。


任天堂とカプコンは、以前より『モンスターハンター4』について韓国語バージョンを発売すると発表していました。今回はより詳細に説明できるタイミングになったということで、ダイレクトにはカプコンから辻本Pが登場し、アクション要素が深まった『モンハン4』の特徴のみならず『モンハン』シリーズ全体の魅力や醍醐味を韓国ファン向けに詳しく紹介しました。

シリーズ初めてフルローカライズされて登場する『モンハン4』。インターネットを介したオンラインマルチプレイにも対応しています。接続は韓国語版同士のみで対応するとのこと。これは、ユーザーのスタートラインを揃えたかったからだと辻本氏は理由を説明しています。

韓国任天堂は、発売に先駆けて「G-STAR 2013」に『モンスターハンター4』を出展。発売前にソフトをプレイアブルで体験することができます。

国内では既に300万本を越えてますます売れ続けている『モンスターハンター4』ですが、思いの外早く、この年末に海外展開が始まることにより、さらに売上を伸ばしていくことが期待されます。

モンスターハンター4
メーカー: カプコン
開発: カプコン
ジャンル: ハンティングアクション
発売日: 2013年9月14日
プレイ人数: 1人(通信マルチプレイ時: 2~4人)
対応周辺機器: 拡張スライドパッド
通信: ローカルプレイ、インターネットマルチプレイ(無料)、すれちがい通信

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で