任天堂は1日、ニンテンドー3DSで展開する『いつの間に交換日記』のいつの間に通信を介した送受信、および『うごくメモ帳 3D』のフレンドうごメモギャラリーについて、同日午前11時でサービスを停止したと発表しました。


任天堂はサービス停止の理由について、「公序良俗に反する写真が送受信される事例が発生しており、現状はこれらのサービスでユーザーが安心して利用できる環境を提供する事が困難である」ためと説明しています。

任天堂は事例を把握しており、防止策を検討してきたということですが、対応策の発表も猶予期間も無いまま突然のサービス停止となりました。未成年が巻き込まれる事件も日々報じられていますし、任天堂側としても急遽停止せざるを得ない、なんらかの事情があったということなのでしょうね。残念です。

『いつの間に交換日記』では、先日謎の新キャラクター「パンダ」が日記を届けてくれましたし、ニッキーがマスコットとして定着していますが、公式から配信される「とくべつな日記」もいつの間に通信を介して配信されるため、終了となることが発表されています。

パンダ」…、また来ると言っていましたが、最初の挨拶が最後となってしまいました。

不特定多数のユーザーと交流できるネットサービスであるかぎり、こうした問題は避けて通れないところですが、潔くストップをかけたところに、安心安全を提供する任天堂の企業としてのスタンスが現れているように見えますね。

ただ、2つのソフトについて全てのサービスが停止となるのではなく、すれちがい通信による『いつの間に交換日記』は継続、『うごくメモ帳 3D』についてもワールドうごメモギャラリーはサービスは継続します。

「終了」ではなく「停止」という部分に再開への一縷の望みをかけたいところですが、せめてオリジナル便せんの配信もあった公式の日記くらいはなんとかならないものかと残念な思いでいます。

ニンテンドー3DSにはペアレンタルコントロールがありますので、任天堂は公式サイトで“保護者のみなさまへ「お子様がプレイされる際にお伝えしたいこと」”として、改めて安全な利用を呼びかけています。

停止するサービス

  1. ニンテンドー3DSソフト『いつの間に交換日記』 いつの間に通信を使った日記の送受信
    • 対象地域:全世界のサービス提供地域
    • 配信中の「とくべつな日記」も配信を終了。
  2. ニンテンドー3DSソフト『うごくメモ帳 3D』 フレンドうごメモギャラリー
    • 対象地域:日本(国内向けサービス)
    • ワールドうごメモギャラリーは引き続きご利用可能
  • サービス停止日時:2013年11月1日(金)午前11時

『いつの間に交換日記』のいつの間に通信を介した送受信に関しては、世界的にサービスが停止となるため、任天堂アメリカや任天堂ヨーロッパからも、同様のアナウンスが行われています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で