『モンスターハンター4』と『ポケットモンスターX・Y』という国内2大モンスタータイトルがリリースされ、一足早く年末商戦のような盛り上がりを見せているニンテンドー3DS/3DS LLですが、任天堂はこの良い流れを受けて、3DSプラットフォームで2度目となる年間500万台セールスを狙います。


これまでに国内ビデオゲーム市場で年間500万台を達成したのは、ニンテンドーDSとニンテンドー3DSの2機種のみ(DSは年間900万台以上の年もありましたから、まさに別格ですけれど)。発売当初は相当なブームを巻き起こした「Wii」をもっても、500万台の壁を超えることは出来なかったと岩田社長は説明します。

2012年に550万台を達成した3DSは、今年もう1度その500万台に挑むわけですが、10月21-27日週までで既に370万台強を販売しており、これまでの年末商戦期における任天堂携帯ゲーム機の盛り上がりを考えると、国内では2DS不在とはいえ十分に手の届く位置にあります。

通常は別売りのACアダプタがセットになった「ニンテンドー3DS LL リミテッドパック」も発売されますし、『ゼルダの伝説 神々のトライフォース2』もギリギリ最終週に間に合いました。今年の年末商戦も3DSを中心に動いていくことになりそうです。

ニンテンドー3DS LL リミテッドパック オレンジXブラックニンテンドー3DS LL リミテッドパック ターコイズXブラック
ニンテンドー3DS LL リミテッドパック
オレンジ×ブラック/ターコイズ×ブラック
メーカー: 任天堂
発売日: 2013年11月28日
希望小売価格: 19,900円(税込)
セット内容: ニンテンドー3DS LL本体セット、3DS用ACアダプタ、クリーニングポーチ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で