ニンテンドー3DS LLに続いて、海外限定で発売されたばかりの「Nintendo 2DS」でもルイージデザインの限定モデルが発売か?と海外サイトに掲載された本体画像から噂が駆け巡りましたが、この2DS本体はファンが自作した非公式のものであることが明らかになりました


実に精巧に作られたこのルイージ2DSは、携帯ゲーム機のカスタムメイドを得意とするRose Colored GamingのMatthew Wiggins氏が個人的に作成し、友人達と写真を共有したのだということです。

30周年のロゴデや裏の刻印が『マリオ&ルイージRPG4』のルイージのシルエットだったために違和感を覚えたものの、さりげないデザインや採用した色も非常に良く出来ていて、Wiggins氏は任天堂公式プロダクトだと信じてもらえて光栄に思うとコメント。そして、ルイージ2DSが非公式だったことについて、あまりファンをがっかりさせていないといいのだけれど。と付け加えています。

ルイージ30周年ということもあって、もしかして?と最後のサプライズへかすかな期待もありましたが、ファンメイドのカスタム本体だったということで今回の一件は落ち着きました。ルイージモデルは、『マリルイ4』のあの3DS LLのみなのでしょう。マリオが含まれていて完全なルイージモデルではないですけれど、完ぺきじゃないところもまたルイージらしさの1つだったり。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で