N64タイトルのHDリメイク“reUmagined”の噂が話題となっている任天堂ですが、ゲーム開発の責任者である宮本茂氏が『風のタクトHD』以降のさらなるHDリメイクを行う可能性についてコメントしています。


HDリメイクされた『ゼルダの伝説 風のタクト』の世界に魅せられ、他タイトル(『スーパーマリオギャラクシー』や『スーパーマリオサンシャイン』のような)を見たい思いに駆られたという「GamesRadar」は、ビデオ会議で任天堂への質問機会を得て今後のHDリメイク展開について宮本氏に質問。宮本氏は開発パートナーのために、それは良い案かもしれないと返答しています。

「過去のゲームをHDでリメイクすることに関して、確かにありえるでしょうね。ただ現在僕らのスタッフの殆どは新しいモノに取り組んでいますし、任天堂は新しいモノを開発することを好んでいます。ただ、HDリメイクは任天堂の開発パートナーにとって、良いプロジェクトかもしれません。なので将来的に、紹介する機会があればと願っています」

任天堂はリメイクを行う際、単なるビジュアルのアップデートに留まるのではなく、新しい体験を付加したいと考えていて、Wii UではGamePad機能の活用が求められます。3DSでも立体視やジャイロ機能などハードの機能を活用したリメイクが施されました。

任天堂自身が開発人員を割いてリメイク開発を行う可能性は高くないでしょうが(期待される新作があまりにたくさんありますし)、『ゼルダの伝説 時のオカリナ3D』のグレッゾや『スターフォックス64 3D』のキュー・ゲームス、『ドンキーコング リターンズ 3D』のMonster Gamesのように、外部会社の経験や関係を強化していく意味も含めて共同で開発する機会は今後も出てきそうです。

ゼルダの伝説 風のタクト HD
ゼルダの伝説 風のタクト HD
メーカー: 任天堂
開発: 任天堂
ジャンル: アクションアドベンチャー
発売日: 2013年9月26日
対応: ニンテンドーネットワーク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で