PS3版をメインにリリースされる国内版『ワールドサッカーウイニングイレブン2014』ですが、同時に国内展開される残りの2機種、ニンテンドー3DS版とPSP版についても公式サイトがオープンしています。


今年はAFC CHAMPIONS LEAGUEと新たに契約したことが大々的に報じられたウイイレですが、概要やライセンス情報を見る限り、3DS/PSP版にはどうやら収録されていない様子。

ゲームモード

  • マッチ
  • UEFA Champions League
  • Copa Libertadores
  • ワールドプレイヤー
  • マスターリーグ
  • ビカム・ア・レジェンド
  • リーグ
  • カップ
  • レジェンズ *PSP版
  • トレーニング
  • エディット
  • ギャラリー
  • システム設定 *3DS版
  • 通信対戦 *3DS版

通信対戦

  • インターネット対戦(フリー対戦/フレンド対戦)
  • ワイヤレス対戦(ローカルプレイ)
  • すれちがい通信(マスターリーグデータで対戦)

例年通り、両機種ともデータ更新版になると思われますが、公式サイトのモード紹介説明文の熱量に差があるのはやや気になるところです。PSP版は最大4人まで、3DS版は最大2人までの同時プレイに対応しています。これら2バージョンも、PS3版と同日の2013年11月14日に発売予定です。

ワールドサッカー ウイニングイレブン2014
ワールドサッカーウイニングイレブン2014
メーカー: コナミデジタルエンタテイメント
開発: ウイニングイレブンプロダクション
ジャンル: スポーツ
発売日: 2013年11月14日
対応プラットフォーム: PS3、PSP、ニンテンドー3DS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で