ユビキタスエンターテインメントは15日、同社のHTML5/JavaScriptベースのゲームエンジン「enchant.js(エンチャント・ジェイエス)」を「Nintendo Web Framework」に対応したと発表しました。


『enchant.js for Nintendo Web Framework』は、PC/MacをはじめとしてAndroid/iOSといったモバイル環境にも対応するクロスプラットフォームのエンジン「enchant.js」を、Wii U上で高いパフォーマンスで最適に動作するようカスタマイズされたもの。

「enchant.js」の拡張プラグインとして、任天堂と開発者契約を締結したデベロッパーに提供される予定です。

「Nintendo Web Framework」は、2013年3月に発表されたWii U向けのWebkitベースの新しい開発環境。代表的な例としては、『Wii Street U』で「NWF」が活用されています。

またUEIでは、「enchant.js」をWii Uに対応するだけでなく、この『enchant.js for Nintendo Web Framework』を利用したシューティングゲーム『Glandarius WingStrike(グランダリウス ウィングストライク) for Wii U(仮称)』も開発中とのこと。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で