次世代機への対応も含めてUbisoftが開発を進めている新規のオープンワールドアクション『Watch Dogs』ですが、Ubisoftは15日、本作について公式ブログで2014年春へ発売を延期すると発表しました。


『Watch Dogs』は当初、2013年11月の海外ローンチが予定されていましたが、目標とする品質水準を満たすため、半年ほどの延期が決定しました。

「“なぜ今更延期の発表を?”皆様の多くがそう思うだろうことは、我々も承知しています。我々も『Watch Dogs』を延期するかどうか悩みました。ですがUbisoftは、当初からゲーム品質に妥協しない姿勢を取っています。

リリース日が近づいて、完成前の最後の段階で分かれていたパズルのピースを全てはめ込んで見ると、本当の意味で印象深い卓越した体験を提供するには、ブラッシュアップや各種ディティールの微調整で、『Watch Dogs』にさらなる開発時間が必要であることは明白でした」

今回は海外向けのリリースですが、メインバージョンが2014年春まで延期となったことで、2014年2月22日の発売を予定していた国内版も当然影響を受けるでしょう。開発側が本来目指していた形で製品版発売を迎えられるよう、今後の動向も注目されます。

ウォッチドッグス 【CEROレーティング「Z」】
ウォッチドッグス
メーカー: Ubisoft
開発: Ubisoft Montreal
ジャンル: アクション
発売日: 2014年2月22日
対応: PS3, PS4, Xbox 360, Xbox One, Wii U, PC

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で