今年のE3にも出展が検討されていたという、Wii U向け『ゼルダの伝説』最新作ですが、任天堂の青沼英二氏が語ったところによると、どうやら来年のE3ではその姿を見ることができそうです。


これまでWii U『ゼルダの伝説』に関しては、レトロスタジオが一部開発に関わっているなどの、断片的な情報が伝えられていますが、Wii U向け『ゼルダ』最新作について、伝えられる情報があるか尋ねられた青沼氏は、「E3 2014では、もっとWii U『ゼルダ』のことを話せるでしょう」と回答。今年は見送られましたが、来年のE3では最新作の情報が解禁されそうです。

また、『スカイウォードソード』では行動エリアが限定され、その中にゼルダの遊びが詰め込まれていた点については、オープン性を欠いていたことでファンからは苦情もあったと青沼氏。過去タイトルの『時のオカリナ』や『風のタクト』がそうであったように、最新作ではオープンワールドに戻ることが示唆されました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で