韓国任天堂は10日、「Nintendo Direct 2013.10.10」を配信し、『モンスターハンター4』を11月14~17日に釜山で開催される韓国のゲームショウ「G-STAR 2013」に出展すると発表しました。


韓国任天堂は『モンスターハンター4』をプレイアブルで出展し、ユーザーは「G-STAR 2013」の展示ブースでゲームを直接体験できます。前作『モンスターハンター3U』もダウンロード形式で発売されてはいるものの、携帯機向けとしては今回初めて本格的にローカライズされて発売されるのだそうで、ファンからの期待も高まっているとのこと。

韓国任天堂の福田裕之社長は「より多くの方にニンテンドー3DS/3DS LLで『モンスターハンター4』を体験していただけるよう今回の参加を決定した」と出展理由を説明しています。他に出展予定タイトルは無く、『モンハン4』のみに絞った参加となるようです。

ダイレクトではこの他、『ポケットモンスターX・Y』情報と、ポケモンのローンチにあわせて展開されるニンテンドーDS Lite/DSiの下取りキャンペーンが紹介されました。

『モンハン4』は「第19回バルセロナマンガフェア」に出展か。なんていう話も出ていますが(こちらも出展するのはカプコンではなく任天堂)、やはりローカライズは動き出していたのですね。

前作『モンハン3G』では、Wii U版の開発もあったせいか海外版『MH3U』の発売まで国内版から1年以上開きがありましたが、今回はそう遠くならないうちに、海外ユーザーも最新作を手にすることができそうです。

モンスターハンター4
メーカー: カプコン
開発: カプコン
ジャンル: ハンティングアクション
発売日: 2013年9月14日
プレイ人数: 1人(通信マルチプレイ時: 2~4人)
対応周辺機器: 拡張スライドパッド
通信: ローカルプレイ、インターネットマルチプレイ(無料)、すれちがい通信

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で