子会社のレトロスタジオを筆頭として、Next Level GamesやMonster Gamesといった外部の海外スタジオにも自社の有力IPの開発を任せている近年の任天堂。宮本茂氏はOfficial Nintendo Magazineの中で、彼らと信頼関係の構築ができていることを、こうした開発体制が可能になった理由として述べています。


「おっしゃるように、最大の要因は信頼レベルにあると思います。任天堂は彼らと信頼関係を築き上げ、頼れることを知っています。次に、我々のアプローチの変化があります。以前の任天堂は、彼らスタジオの中で何を開発できるのかを尋ね、必要に応じてサポートしていくという考えでいました。ところが今では、我々は実際に共同で取り組むよう考えています。

特に『ルイージマンション2』では、任天堂はプロデューサーの立場です。任天堂は、彼らスタジオが開発して僕らがそれをプロデュースする形をセカンドパーティデベロッパーと呼んでいて、それは彼らとの信頼関係があるからこそなんです」

Next Level Gamesが開発した『ルイージマンション2』は今年の3DSベストゲームの1つとして高い評価を得ていますし、Monster Gamesは『ドンキーコング リターンズ』の3DS移植+αを高いレベルで実現しました。共に独立したデベロッパーではあるものの、両社は任天堂タイトルを複数開発してきた実績のあるスタジオで、任天堂は彼らを“セカンドパーティ”として高く評価しています。

任天堂の右腕として活躍するレトロスタジオは、現在Wii Uで『ドンキーコング トロピカルフリーズ』を開発中。また宮本氏が先日語ったところによると、さらに未発表のプロジェクトも進行中です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で