ロサンゼルスで開催されるインディーゲームの国際的な祭典「IndieCade」にて、任天堂は自社ブースで、Wii Uとニンテンドー3DS向けのインディーゲームラインナップをプレイアブルで展示します。


「今年の任天堂のIndieCadeブースに展示されるWii Uとニンテンドー3DS向けのゲーム群は、インディーゲーム開発のためのクリエイティビティとイノベーションの最先端を象徴しています」

任天堂アメリカのSteve Singerライセンシング担当VPは述べています。

「彼らはまた、現在制作されている最高の評価や最もリスペクトされるゲームの幾つかも示しています。任天堂は情熱あるデベロッパーを歓迎し、彼らがファンタジックでユニークな体験を開発するために、任天堂プラットフォームで利用可能なツールをフリーで利用していただいています。

任天堂は、インディーデベロッパーがクリエイティブなビジョンを活気づけられるよう、ユーザーに楽しみを届けられるようサポートしています」

ショウにはNyamyamの『Tengami』やShin’enの『Jett Rocket II』など、国内発売決定も待ち遠しいソフトたちがプレイアブルで展示されます。

Wii U 出展タイトルリスト

  • 1,001 Spikes / Nicalis
  • Armillo / Fuzzy Wuzzy Games
  • Knytt Underground / Ripstone
  • Pier Solar and the Great Architects / WaterMelon Co.
  • Q.U.B.E. / Toxic Games
  • Scram Kitty and his Buddy on Rails / Dakko Dakko
  • Shovel Knight / Yacht Club Games
  • Tengami / Nyamyam
  • Teslagrad / Rain AS
  • Unepic / EnjoyUp Games
  • Wooden Sen’SeY / Neko Entertainment

ニンテンドー3DS 出展タイトルリスト

  • Grinsia / Nicalis
  • Jett Rocket II: The Wrath of Taikai / Shin’en
  • Retro City Rampage / Vblank Entertainment
  • Shantae and the Pirate’s Curse / WayForward
  • Siesta Fiesta / Mojo Bones
  • Treasurenauts / Renegade Kid

任天堂はまた、事業開発マネージャーを務めるDan Adelman氏によるセッション「ニンテンドーeショップであなたのゲームをセルフパブリッシングする方法」も開催。さなるデベロッパー招致を目指します。

任天堂によれば、インディーデベロッパーのセルフパブリッシングは5年以上前から可能になっているものの、Wii Uやニンテンドー3DSのeショップでリリースするプロセスについてはうまく伝わっていない部分もあるのだそう。そこでこのセッションでは、これらプロセスを順を追って見ていくほか、ビジネスポリシーを確認していくのこと。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で