任天堂は1日、今年2度目となるWii Uの大型更新、システムバージョン「4.0.0J」をリリースしました。今回のシステムアップデートは、WiiソフトのGamePad表示などが含まれています。

「4.0.0J」への更新による主な更新・変更点

Wii専用ソフトの映像を、Wii U GamePadに出力

Wii専用ソフトの映像を、「テレビのみ」or「テレビとGamePadの両方」に出力可能に。ただし映像を出力するのみで、GamePadでの操作には対応していないため、これまでのようにWiiリモコン/Wiiリモコンプラスなどが必要です。クラシックコントローラ対応ソフトを遊ぶ際にはGamePad操作にも対応してもらいたいところ。

任天堂から配信されるソフトの自動ダウンロード

任天堂がピックアップした体験版やおすすめのソフトを、「いつの間に通信」で自動ダウンロードするかどうかを選択可能に。システム更新後、初回起動時のほか、本体設定から変更可能。

USBキーボード入力に対応

ソフトウェアキーボードが利用可能な場面で、一部を除いてUSBキーボード入力にも対応。

ニンテンドーネットワークIDの設定項目の追加

PCやスマートフォンなど、任天堂ゲーム機以外の機器からニンテンドーネットワークのサービスを利用するかどうか、設定項目が追加。

Wiiソフトプレイ時、「ドルビープロロジックIIサラウンド」出力に対応

「ドルビープロロジックIIサラウンド」対応Wii専用ソフトを遊ぶ際に、サラウンド出力が可能になりました。

『Wii Uメニュー』の更新

Wii Uメニューからフレンドリストを起動できるように。画面下部の固定アイコンに、フレンドリストが追加されました。

『本体設定』の更新

  • ソフトの自動受け取り設定項目の追加。
  • テレビのサウンド出力先ケーブルが選択可能に。これにより、「Wii専用AVケーブル」等を併用して市販のスピーカーへ音声を出力可能に。
  • 電源OFF時の動作が有効な場合に、間隔を1時間単位で設定可能に。

『Wii U Chat』の更新

フレンドへの発信、あるいはフレンドからの着信応答時に、プロフィールをMiiverseで確認できるように。GamePadへ接続したヘッドセットを利用した通話に対応。

『インターネットブラウザー』の更新。バージョン「2.0.0」に

  • 動画再生時、GamePadのL/Rボタンで一定時間の巻き戻し/早送り操作をできるように。Rボタン長押しで早送り再生にも対応。
  • ソフト中断時のスクリーンショットを、Miiverse以外の、画像投稿に対応したウェブサイト(ブログや掲示板、SNS等)へアップロード可能に。
  • 各種サイトでのログイン時に使うユーザー名/パスワードを保存可能に。保存するかどうかはサイト毎に選択可能
  • PDFファイルの表示に対応。
  • ユーザーエージェントの切り替え、デベロッパーツールを利用可能に。

システムの安定性や利便性の向上

システムの安定性や利便性の向上。

ニンテンドーeショップも更新

この他、ニンテンドーeショップでは、「メニュー」が「マイメニュー」に変更され、気になるリストやおすすめ投票でソフトがアイコン表示されるなど、見た目にわかりやすくなりました。またBGMも変更されています。

Wii U プレミアムセット shiro (WUP-S-WAFC)
Wii U ベーシックセット/プレミアムセット
メーカー: 任天堂
発売日: 2012年12月8日
保存領域: 8GB(ベーシック)/32GB(プレミアム)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で