GC『エターナルダークネス』の流れを汲む新作として発表されたものの、2度に渡るクラウドファンディングでの資金調達に難航していた『Shadow of the Eternals』ですが、Precursor Gamesが公式フォーラムにて、プロジェクトを休止する旨の声明を発表しました。


Precursor Gamesは2度目のKickstarter終了後も開発継続へ意欲を見せていたものの、残念ながら開発がストップする事となってしまいました。

「『Shadow of the Eternals』プロジェクトの凍結を決めたのは、本当につらい決断だった」と、リード・デザイナーのDenis Dyack氏は声明でチームを代表してコメント。これまで開発を続けてきたプロジェクトのメンバー、そして開発を支えてきたコミュニティに対しては非常に満足しているといい、開発の糧となっていたコミュニティに対しては、感謝のしようがないほどだと思いを述べています。

プロジェクト凍結に伴いメンバーの多くは休暇に入り、スタジオも閉鎖状態に。また今回の『Shadow of the Eternals』プロジェクトは作品へ愛情で進められ、これまで1年以上に及ぶ開発費は、全てスタッフの自己資金でまかなわれていた現実も明らかになりました。

しかしながら、プロジェクトを通じて多くの友人ができたし、関係者各位に提供できた価値を信じることを歩み出すこともできたので、Precursor Gamesの面々は後悔していないのだと言います。

またDenis Dyack氏は、プロジェクトの意思は死んでおらず、グループ全体の合意があり、タイミングも合えば、再起動させたいと綴っています。

『Shadow of the Eternals』はPC/Wii Uをリードプラットフォームとして開発が進められ、他機種へも対応が拡大される予定でした。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で