任天堂の元社長である山内溥氏が19日に死去したことを受け、日本経済新聞にて岩田聡現社長のコメントが掲載されています。


岩田社長は、

「山内から教わった「他と違うからこそ価値がある」という価値観を娯楽の本質としてこれからも大切にし、同時に山内がしてきたように、任天堂の姿を時代に合わせて柔軟に変え続けていくことで、任天堂全体で山内の魂を引き継いでまいります」

とコメント。山内イズムの継承を誓いました。

Wii U発売時のほぼ日に掲載された対談では、山内氏の信念が「乗り移ってる」なんていう風にも語られていましたが、一線を退いても強い影響力のあった本人亡き後、任天堂がどう進んでいくのか注目されます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で