「Unity」など開発キットを無償で提供したり、「Eurogamer Expo 2013」では専用ブースを設けてPRするなどインディーデベロッパーの発掘・支援に力を入れる任天堂ですが、新たにWii Uでの発売も視野に入れるフランスのデベロッパーによる新作タイトル『Taxi Journey』のクラウドファンディングがKickstarterで開始されています。


フランスのデベロッパーLexis Numeriqueが開発する『Taxi Journey』は、2Dスタイルで進行する、チャーミングさやユーモア、ミステリーを兼ね備えた世界で繰り広げられるオリジナルのパズルアドベンチャーゲーム。Kickstarterの紹介ページによれば、『Limbo』や『Machinarium』といった作家性の強いゲームから着想を得たということですが、単に模倣で終わるのではなく、とてもユニークなゲーム世界と独自のゲームプレイ機能が盛り込まれているということです。

Taxi Journey – Official Kickstarter launch trailer

開発経験豊富なスタジオ

Lexis Numeriqueは1990年に設立された開発経験豊富なチームを持つスタジオで、これまでにUbisoftやバンダイナムコゲームス、ディズニー、Midwayらを通じて900万本以上の販売実績を持つ欧州では有数のインディーデベロッパーだとのこと。

Lexis Numeriqueが送り出そうとしている新作の『Taxi Journey』は、単にパズルを解くだけに止まらず、シナリオにも力が入っていて、主人公GinoとZoeによるプレイヤーの喜怒哀楽、感情を揺さぶるシナリオが展開されます。

ゲームプレイ部分では、体の大きなGinoが障害物にぶつけて壊したり、降ってくる雨や石を傘で防いだり。あるいは水たまりに映ったものを釣り上げる特殊能力を持つ釣り竿を使って謎を解く場面も。Zoeは電気や音といった形のないモノをキャッチする能力があり、ある場所で掴んで、別の場所でスイッチを入れたり、障害物をどかせるのに利用されます。

Wii U/PC版の発売を目指し、資金調達開始

『Taxi Journey』はまず、Wii UとPCでの発売を目指し、13万ドルを目標に資金調達を開始。その後のストレッチゴールで、Mac/Linux版、iPad/Android版、PS Vita版、PSN版、XBLA版が予定されています。

Lexis Numeriqueは、既にPC版発売のための23万ドルのうち10万ドルを調達済みで、今回は残る13万ドルをまず目標にしています。

同額でWii U版が加えられている理由についてLexis Numeriqueは、Wii UはUnity Proを無償で利用でき、追加の開発コストが発生しないためだと説明。開発環境の充実や、インフラの整備といったインディーデベロッパー支援、任天堂の施策は効果的に働いているようです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で