メディアクリエイト調べの国内チャート2013年9月2日~8日週が発表され、国内ローンチを迎えたUbisoftのステルスアクションシリーズ最新作の『スプリンターセル ブラックリスト』は2位のデビューとなったことが明らかになりました。


『スプリンターセル ブラックリスト』はPS3版が2.2万本、Xbox 360版が0.5万本を販売しています。Wii U版はトップ50でも姿を見せず、販売本数を確認できません。

前週華々しいデビューを飾った『ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル』と『ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア』は、2週目にして2万本を割り込みました。複数の新作がトップ20に顔を出しましたが、先週発売タイトルの垂直落下な落ち込みを補いきれず、ソフト総売り上げは48.3万本で前週比46.5%と市場は縮小しています。

『モンハン4』発売前に、早くも3DSが活性化

ハード市場では、前週時点で『モンスターハンター4』効果を感じさせたニンテンドー3DSが、さらに数字を伸ばして7.9万台を販売(通常版1.9万台、3DS LLは6.0万台)。8万台規模に乗せたのは今年度初めてのことです。その他、3DS以外ほぼ全てのハードが数字を落とし、Wiiが初めて4桁を割り込んで978台、Wii Uは再び最低水準の5,702台となりました。ハードを所持しているユーザーにとっては遊べるタイトルがぽつぽつ出てきているのですが、ハードごととなるとまだまだ質量ともに不足しています。

Top 20内、任天堂ハード関連ソフト売上

6位: トモダチコレクション 新生活(同梱版含む)
1.4本 → 1.1万本/累計142.0万本
7位: マリオ&ルイージRPG4 ドリームアドベンチャー(同梱版含む)
1.6万本 → 1.1万本/累計29.3万本
9位: ディズニー マジックキャッスル マイ・ハッピー・ライフ(同梱版含む)
1.7万本 → 1.0万本/累計25.5万本
10位: 妖怪ウォッチ
0.8万本 → 0.9万本/累計16.4万本
13位: とびだせ どうぶつの森(同梱版含む)
0.8万本 → 0.7万本/累計340.2万本
14位: ルイージマンション2
0.6万本 → 0.6万本/累計89.1万本
19位: マリオカート7
0.5万本 → 0.4万本/累計211.6万本
20位: 太鼓の達人Wii 超ごうか版(同梱版含む)
0.4万本 → 0.3万本/累計55.7万本
スプリンターセル ブラックリスト
メーカー: Ubisoft
開発: Ubisoft Toronto、Ubisoft Shanghai(Wii U)
ジャンル: ステルスアクション
発売日: 2013年9月5日
対応: PS3、Xbox 360、Wii U、PC(発売日未定)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で