9月4日より、Wii Uバーチャルコンソールに新たにコナミの2作品『がんばれゴエモン ゆき姫救出絵巻』と『ツインビー』が追加されました。


『がんばれゴエモン ゆき姫救出絵巻』は、1991年にスーパーファミコンで発売されたシリーズ初のSFC用ソフト。江戸時代の和風の世界観に現代的な要素を織り交ぜ、独特のゴエモンワールドを構築し、2人同時プレイも楽しめる良質なアクションゲームです。ミニゲームも充実していて、ゲームセンターでは『グラディウス』を少し遊べたりもするんですよね。

『ツインビー』は86年にファミコン版が発売された縦スクロールのシューティングゲームシリーズの第1弾。前年にアーケード版としてまずリリースされました。プレイヤーは腕のある独特な機体「ツインビー」と「ウインビー」を操作し、ゲームを進めていきます。

ベルを取ってパワーアップしたり、敵もコミカルな姿をしていたりとユーモラスなシューティングでしたね。2人で協力しながら進んでいけるのも特徴でした。

ニンテンドー3DS向けには立体視対応版の『3Dクラシックス ツインビー』も配信されています。

今ではフォトリアルな描写を特徴とする『メタルギアソリッド』や『ウイニングイレブン』シリーズがコナミの看板タイトルですが、昔は他社に無いコミカルなノリのゲームも多く輩出していました。

2013.9.4 配信開始タイトル

ファミコン

  • ツインビー/ コナミ 500円

スーパーファミコン

  • がんばれゴエモン ゆき姫救出絵巻 / コナミ 800円
Wii U プレミアムセット (WUP-S-KAFC) / 任天堂
Wii U ベーシックセット/プレミアムセット
メーカー: 任天堂
発売日: 2012年12月8日
ストレージ: 8GB(ベーシック)/32GB(プレミアム)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で