8月31日から9月6日までの1週間、t011.orgで期間内に公開した記事を中心として、アクセス数やSNS等で多くの注目を集めた記事を10本ご紹介。今週は『Nintendo 1DS』や「ポケモンダイレクト」で発表された新たな管理サービス『ポケバンク』などが多くの注目を集めました。

サイト内人気記事10選(2013.8.31-9.6)

1. 2DSの次は1DSへ。1画面の『Nintendo 1DS』パロディーサイト

Nintendo 1DS
3DS→2DSときたら次は1DSだろうということで、海外ファンが作成した『Nintendo 1DS』のパロディーサイト。1DSの1は、1画面の1。

とはいえ、テレビやスマートフォンなど外部ディスプレイと接続ができるので、2画面は確保できます。1画面に戻るかどうかはさておき、将来的には他端末と接続できる任天堂の携帯ゲーム機は出てきてもおかしくないかなと思いましたね。

2. 羽ピクミンは飛べるんだ。人力飛行機コンテスト「Red Bull Flugtag 2013」に任天堂からピクミン隊が参加

Winged Pikmin @ Red Bull Flugtag 2013
任天堂カナダがレッドブル主催の人力飛行機コンテスト「Red Bull Flugtag 2013」に『ピクミン3』発売記念で参加。ゲームでは重たいものでも空を飛びながら運べる羽ピクミンですが、結果は…。

3. 任天堂/ポケモン、3,000匹のポケモンたちを管理できるクラウドサービス『ポケモンバンク』を発表。最新作『ポケットモンスター X・Y』に対応、年額500円

Pokemon Bank
クラウドストレージサービスとして発表された、3DS『ポケットモンスターX・Y』用の管理サービス『ポケバンク』。インターネット上にある自分専用のボックスに、最大3000匹ものポケモンを管理できます。

4. 『FIFA 14』、収録リーグリスト(暫定)

まだ全てではないですが、『FIFA 14』の収録リーグリストが公開に。お馴染みの国と、新たな強豪国と。

5. 『ウイイレ2014(PES 2014)』のユニフォームエディット、4thユニまでサポート

『ウイイレ2014』では、ユニフォームエディットが4thユニまで対応に。現実に則した精巧なものから、ユニークなものまで楽しめそうです。

6. 圧倒的な海外人気、PAX Prime 2013でWii U『ゼルダの伝説 風のタクトHD』に長蛇の列

発売が近づいてきている『ゼルダの伝説 風のタクトHD』ですが、それでも海外、特に北米でのゼルダ人気はすさまじく、自分の目で新しいタクトの世界を確かめようと、多くのファンが詰めかけたようです。

7. ガノンドロフフィギュア付きWii U『ゼルダの伝説 風のタクトHD』限定版、北米は完売に

続いても『風のタクトHD』の話題。海外ではソフトにフィギュアが同梱された限定版の他、ソフト(ダウンロード版)とゼルダ仕様にデコレートされたGamePadが付属するWii U本体セットも用意されています。

8. ガレス・ベイル、レアル・マドリードへの移籍が決定もUK版『FIFA 14』カバープレイヤーは変更無し

破格の移籍金でレアル・マドリードへの移籍が決定した、ガレス・ベイル。既にUK版『FIFA 14』のカバープレーヤーとなることが発表されていましたが、差し替えなく、バルセロナのメッシと共にカバーを飾ります。

9. 青沼氏が語る『ゼルダの伝説 ムジュラの仮面』リメイクの可能性

『ゼルダの伝説 ムジュラの仮面』ネタが引き続き上位に。3D映像でも見てみたいですし、Wii Uでならどういうビジュアルになるのかなど妄想は止みません。

10. 『ウイイレ2014(PES 2014)』、ACL 2013出場のJリーグ4クラブ(浦和、柏、仙台、広島)が収録

JリーグからACL出場組が予め『ウイニングイレブン2014』に収録されるのではという話題。4組だけでもデフォルトで収録なら大きな前進と言えますが、ACLを思い切り楽しむならやはり自分の好きな地元クラブを使いたいもの。他のJクラブ収録も期待したいところです。

PickUp: Wii U『ゼルダの伝説 風のタクト HD』、トゥーンリンクの冒険が1080pの色鮮やかなグラフィックで蘇る紹介映像と前作GC版との比較映像

1080pで描かれる初めてのゼルダとなった『風のタクトHD』。GC版発売から11年を経て、どれだけビジュアルが進化したのか、任天堂公式の比較映像が公開されました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で