任天堂は29日、ヨーロッパと北米地域でニンテンドー3DSの廉価版「ニンテンドー2DS」を10月12日より発売すると発表しました。立体機能が削除され、端末のデザインも折りたたみからストレートタイプに変更されています。色はブラック×ブルーとホワイト×レッドの2色。


任天堂は通常版3DSをコンパクト、3DS LLを大画面、今回の2DSを低価格と位置づけ販売の拡大を狙います。価格は通常版よりも40ドル安い129.99ドル。

2DSは立体視こそ見ることは出来ませんが、3DSソフトを遊ぶことができ、またニンテンドーDSの互換も維持しています。各種通信機能やアプリも利用可能。

ストレートタイプになったことで、LRボタンの関係上ボタン位置が上下画面の中央から若干上寄りに変更されています。

発売は『ポケモンX・Y』と同日の10月12日。国内での展開は未定です。

[追記]
任天堂ヨーロッパから商品ページが公開されたので、判明した点をいくつか。

ディスプレイサイズは通常版3DSと同じ。上画面が3.53インチ、下画面は3.02インチです。付属のSDカードは4GB。スリープモードには、スリープスイッチを付けることで対応。

省電力モード無し。バッテリーの持続時間は、3DS以上3DS LL未満。3DSゲーム時は3.5~5.5時間、DSゲーム時は5~9時間に対応します。

重量は260gとこれまた3DS以上3DS LL未満。

スピーカーはモノラルですが、ヘッドフォン接続端子の利用時はステレオ再生に対応しているということです。

Nintendo 2DS – Announcement Trailer

[追記: 2015.12.25]
2016年2月27日に、VC『ポケットモンスター』の発売にあわせて国内でも発売されることが発表されました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で