手助けマイスター10:バーチャルコンソール ファミコン用ソフト(任天堂タイトルのみ)ダウンロードし放題 手助けマイスター20:ファミコン、スーパーファミコン、NINTENDO64用ソフト(任天堂および任天堂以外のタイトルすべて)ダウンロードし放題
Wiiからのインターネット接続率向上を図る任天堂は、本日よりこれまで500Wiiポイントで提供してきた「インターネットチャンネル」の無償配信を開始しました。さらに、これまで接続の手助けをした台数に応じて500Wiiポイントをプレゼントするキャンペーンをさらに拡充。接続台数に応じて、バーチャルコンソールのソフトをダウンロードし放題にするサービスが始まります。

当社は従来より出来るだけ多くのご家庭でWiiをインターネットに接続してお楽しみいただけるよう取り組んでまいりましたが、これまで500Wiiポイントで有償提供しておりました「インターネットチャンネル」を、本日より無償配信することにいたしました。また、既に実施中の「Wiiネット接続できる人ができない人を手助けして500Wiiポイントを両方がもらえるキャンペーン」では、接続の手助けをしていただいたお客様にその接続台数に応じたWiiポイントを提供しておりましたが、さらなるご助力を期待して、特定のバーチャルコンソールをダウンロードし放題にできる「手助けマイスター」サービスを実施することにいたしましたので、お知らせいたします。
(中略)
10台の接続を手助けしていただいた方を「手助けマイスター10」としてバーチャルコンソールのファミコン用任天堂自社ソフトをダウンロードし放題に、また20台の接続を手助けしていただいた方を「手助けマイスター20」としてバーチャルコンソールのファミコン、スーパーファミコン、ニンテンドウ64用ソフト全てをダウンロードし放題とするサービスを2009年10月21日(予定)から実施することを決定いたしました。こちらにつきましても詳細は上記キャンペーン同様、後日ホームページやWii伝言板を通じてお知らせいたします。

  • 10台接続の手助けをすると、VCのFCソフト(任天堂製)をダウンロードし放題
  • 20台接続の手助けをすると、VCのFC、SFC、N64のソフト全てをダウンロードし放題

ネットに未接続であるWiiを20台を身近なところで探すというのは現実的になかなか難しいとしても、この大盤振る舞いサービスはすごい。任天堂だからなせる業か。

これまでのキャンペーンでどの程度効果があったのかは分からないけれど、ネット接続率をなるべく100%に近づけて、ネット対応ソフトを全てのユーザーに遊んでもらいたいという事でしょうかね。接続率が向上すればWii Wareの市場も広がるし、ネット接続を前提としたソフト作りもしやすくなります。既に仕込んでいるだろうソフトが発表される前触れかもしれません。

ネット利用で面白さがさらに広がるソフトとして、既に任天堂からは「大乱闘スマッシュブラザーズX」「マリオカートWii」「街へいこうよ どうぶつの森」が、カプコンからも「モンスターハンター3(トライ) 」という大型タイトルが発売されており、他の会社からでもネット対戦などが可能なソフトが多数発売されています。

なので、かなりのユーザーがネットに接続してある状態だとは思うのですけどね。まだまだ満足いかんぞという事ですね。

自分の周りでは、もうネット未接続の人が居ないので(というか買ったのも自分が最後の方だったし)、このキャンペーンに乗れないのが残念なところ。

Wii(「Wiiリモコンジャケット」同梱)
Wii
発売:任天堂
希望小売価格:25,000円(税込)
ニンテンドーWi-Fiネットワークアダプタ
ニンテンドーWi-Fiネットワークアダプタ
発売:任天堂
希望小売価格:5,800円(税込)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で