8月17日から23日までの1週間、期間内に公開した記事を中心に、当ブログで多くの注目を集めた記事を10本紹介します。今週はgamescom開催週ということで、gamescom関連の記事が多くなりました。

目次:

人気記事10選(2013.8.17-23)

1.コナミ、チリサッカー協会とライセンス契約合意を発表。1部所属18クラブが『ウイイレ2014(PES 2014)』に収録へ

PES 2014 - ANFP
チリサッカー協会から既に契約合意は発表されていましたが、コナミから正式にチリリーグの収録が発表されました。

2.『ウイイレ2014(PES 2014)』、セルティックとバイエルンがUEFA CLで激突するgamescomトレーラー。予約特典はクラシックユニフォーム

pes2014_gamescom
欧州最大のゲームショウ「gamescom 2013」で公開された、『ウイイレ2014』の最新トレーラー。

3.Crytek、Wii Uにも対応した新たなゲームエンジン「CRYENGINE」を発表

CRYENGINE
Crytek社の最新ゲームエンジン「CRYENGINE」が発表。公式リリース内でWii Uへの対応も明らかになりました。

4.3DS「すれちがいMii広場」に、よゐこ・有野晋哉さんのスペシャルMiiが来訪。「ワレワレハニホンジンダ。メシクエ」

よゐこ・濱口さんに続いて、相方である有野晋哉さんのスペシャルMiiも配信。今回は有野課長ではなくよゐこの有野としてやってきました。

5.Wii U『ゼルダの伝説 風のタクト HD』、北米版パッケージはゼルダ定番の黄金色に

ローンチが迫る『風のタクトHD』。北米ではまばゆいゴールドがパッケージデザインに採用されています。

6.EA、エバートンと2年間のパートナー契約を締結。『FIFA 14』にホームスタジアム「グディソン・パーク」も収録へ

リーグライセンス取得の他にも、クラブ個別とパートナー契約を結んでいるEA SPORTSの『FIFA』シリーズ。エバートンとの契約が発表され、よりリアルなビジュアルが再現されます。

7.『FIFA 14』、ブラジル・アルゼンチン・チリの他、さらなる追加ライセンスも発表予定

南米リーグのライセンス取得にも力を入れ始めているコナミ、EA両社ですが、『FIFA 14』にはさらなる追加リーグの収録があるとのこと。その後、コロンビアリーグの収録が発表されています。

8.Wii U/3DS『ソニック ロストワールド』、2人プレイの様子やMiiverse連携を確認できるgamescomトレーラー

Wii U/3DSで発売される『ソニック ロストワールド』。Wii U版のマルチプレイの様子を確認できるgamescomトレーラーです。『NiGHTS』オマージュのボス戦を楽しめるDLCの無料ダウンロードや国内版トレーラーはこちら

9.カプコン、Wii Uでの『ストリートファイター』シリーズ展開は未定。小野P「現時点では計画にない」

人気格闘ゲーム『ストリートファイター』シリーズ新作のWii U展開は、あるとしても暫く後の話になりそうです。。

10.『ウイイレ2014(PES 2014)』、アルゼンチンリーグのプリメーラ・ディビシオン20クラブが収録

7月末の記事ですが、『ウイイレ2014』にアルゼンチンリーグが収録されるという内容。南米市場は、まだまだ開拓の余地があり、オフィシャルライセンスで収録される意味も大きいです。

PickUp: 青沼氏が語る『ゼルダの伝説 ムジュラの仮面』リメイクの可能性

E3 2013中のインタビューで、ゼルダシリーズ総合プロデューサーの青沼氏が『ゼルダの伝説 ムジュラの仮面』リメイクの可能性に言及したもの。ゼルダの中でも特に濃いファンに支えられていると思われるムジュラリメイクは、一筋縄ではいかないようです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で