スーパーファミコンで発売された、2D探索アクション・アドベンチャーゲームの名作『スーパーメトロイド』から多くの影響を受けたという『Ghost Song: A Journey of Hope』のKickstarterのストレッチゴールに、Wii Uバージョンの開発が設定されました。


『Ghost Song: A Journey of Hope』は当初、PC/Mac/Linuxでの発売を目標に、15,000ドルの調達を目指していましたが、既にその目標はクリア。最終目標のWii U版開発を含め、新たなストレッチゴールが設定されました。Wii U版は60,000ドルに設定されています。

デベロッパーによれば、メトロイドスタイルのアクション性だけではなく、ゲームを通して展開される情緒的にパワフルなストーリーも備えているとのこと。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で