任天堂は6日、全国のニンテンドーゾーンやFREESPOT(フリースポット)、およびWifine(ワイファイン)などをニンテンドー3DSのすれちがい通信における中継スポットとして活用する「すれちがい通信中継所」を開始しました。


「すれちがい通信中継所」については、「Nintendo E3 アナリストブリーフィング プレゼンテーション」の中で秋までに仕組みを導入予定であると発表されていました。また、7月の欧米「ニンテンドーダイレクト ミニ」でも「すれちがいリレー」として紹介されていました。

国内での導入に関しては、これまで言及されてきませんでしたが、サービスインが発表されました。

すれちがい通信中継所 とは

「すれちがい通信中継所」は、対応する全国のニンテンドーゾーンなどに立ち寄った3DSユーザーの「すれちがい通信データ」を自動で一時保存し、その次に同じ中継所へ立ち寄ったユーザーの3DSへ「すれちがい通信データ」を自動送信するサービス。

通常のすれちがい通信との違い

「すれちがい通信中継所」には、通常行われる3DS同士のすれちがい通信とは異なる点が、2つあります。

すれちがい通信がより身近に

1つは、同じ時間・同じ場所に居る必要がなくなり、中継所に行くことで直前のデータを受信できる点です。これまですれちがい通信の機会が少なかったユーザーも、より多くのすれちがい通信機会が訪れます。

様々なソフトのすれちがい通信を行いやすく

もう1つは、様々な3DSユーザーが持つソフトの「すれちがい通信データ」が「中継所」に一時保管されることによる、対応ソフトのすれちがい通信機会の増加です。

これまでは販売数が多くないマイナーなソフトの場合、特にすれちがい通信の機会が限られていましたが、各地の「中継所」でデータの一時保管が可能となったことで、自分の3DS本体に設定したすれちがい通信対応ソフトのデータを受信する可能性が高まります。

とびだせ どうぶつの森』や『トモダチコレクション 新生活』などメジャーなタイトルはより活発に、マイナータイトルでもすれちがい通信の遊びをより楽しめるようになることが期待されます。

全国4万ヶ所以上で利用可能

「すれちがい通信中継所」に対応するニンテンドーゾーンは、「セブン&アイグループ」「マクドナルド」「TSUTAYA」「ナムコのアミューズメント施設」「くら寿司」「ニンテンドー3DSステーション(家電量販店などに設置)」等で提供されています。このほか、FREESPOT(フリースポット)やWifine(ワイファイン)などを含め、4万ヶ所以上でサービスが利用可能になるとのこと。

ニンテンドー3DS LL ホワイト (SPR-S-WAAA) / 任天堂
ニンテンドー3DS / 3DS LL
メーカー: 任天堂
発売日: 2011年2月26日(3DS LL: 2012年7月28日)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で