Precursor Gamesから、当時のコアメンバーも集いゲームキューブで発売された『エターナルダークネス』の流れを汲む新作として開発されている『Shadow of the Eternals』のKickstarterが再開されました。


一時中断時に再開することを約束していたPrecursor Gamesが、再びクラウドファンディングによる資金調達を再開しました。Kickstarterで新たに設定されている調達目標額は、前回からほぼ半減して75万ドル。

ゲームの概要として、8~10時間からなる三人称視点の1人用アクション・アドベンチャーゲームであること。異なる時代の複数人主人公キャラクター。サニティイベント。コミュニティとのコラボによる開発。CryENGINE 3を採用し、PCとWii Uで発売予定。PC版はDRMフリーであることが紹介されています。

また、主人公の1人Paul Beckerの声優として『エターナルダークネス』や海外版『メタルギアソリッド』シリーズでソリッド・スネーク役を務めたDavid Hayter氏の起用が発表されています。

Precursor Gamesはまた、PS4のライセンスも新たに取得。次世代機への対応も今回ストレッチゴールに追加されています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で