現地時間7月18日よりサンディエゴで開催されるゲームイベント「Comic-Con 2013」向けの、他社ソフトを含む任天堂出展全20タイトルが発表されています。


出展が発表された20タイトルのうち、半数以上がWii Uソフトとなっていて、今年後半にリローンチをかけるWii Uのタイトル群が目を引きます。その口火を切る『ピクミン3』や、レトロスタジオの新作『ドンキーコング トロピカルフリーズ』、またプラチナゲームズが開発する2タイトル『The Wonderful 101』『ベヨネッタ2』も出展されます。

『The Wonderful 101』は、登場キャラクターのコスプレをして来場したユーザーには、Wii U本体とソフトが当たるチャンスが用意されます。またルイージ30周年の『イヤー・オブ・ルイージ』のお祝いもあり、関連タイトルを遊べるだけでなく、記念撮影ができたり、関連グッズを購入することもできるということです。

出展タイトル – Wii U

  • New スーパルイージ U(任天堂)
  • The Wonderful 101(任天堂)
  • スーパーマリオ 3Dワールド(任天堂)
  • ゼルダの伝説 風のタクトHD(任天堂)
  • ドンキーコング トロピカルフリーズ(任天堂)
  • ピクミン3(任天堂)
  • ベヨネッタ2(任天堂)
  • マリオ&ソニック AT ソチオリンピック(任天堂)
  • Disney Infinity(ディズニー・インタラクティブ)
  • Rayman Legends(Ubisoft)
  • Just Dance 2014(Ubisoft)
  • Skylanders SWAP Force(Activision)
  • ソニック ロストワールド(セガ)

出展タイトル – ニンテンドー3DS

  • Yoshi’s New Island(任天堂)
  • ゼルダの伝説 神々のトライフォース2(任天堂)
  • マリオ&ルイージRPG4 ドリームアドベンチャー(任天堂)
  • ドンキーコング リターンズ 3D(任天堂)
  • ソニック ロストワールド(セガ)
  • 真・女神転生IV(アトラス)
  • Batman: Arkham Origins Blackgate(Warner Bros. Interactive)

未発表タイトルの出展、ということは無さそうですが、Wii Uは触ってみないことには伝わらない魅力もありますから、積極的に出展していくのは認知度の向上も含めて良い部分なのかなと思います。

日本ではWii U非所持ユーザーがイベントや店頭で触れる機会がほぼありませんから、ビッグイベントじゃなくても体験・試遊機会を設けてもらいたいところですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で