任天堂から21日、Wii U本体の最新システムバージョン「3.1.0J」がリリースされました。


今回の更新により、本体の電源オフ時にも定期的にいつの間に通信が行なわれるようになり、データの送受信や更新データのダウンロード/インストールに対応しました。

これまでもいつの間に通信によるお知らせは届いていましたが、電源がオンの時のみでした。Wii時代の「WiiConnect24(ウィーコネクト24)」のような、扱うデータサイズでいえばより拡張された機能になりますね。ソフトはデータのダウンロードとインストールに対応、本体更新データに関してはダウンロードに対応し、次回起動時にインストールされます。

遊ぼうと起動したときに更新が始まって、少なくない時間待たされて遊ぶ気が削がれてしまう、なんてことは減っていきそうです。

「3.1.0J」への更新による主な変更点

電源OFF時の動作機能の改善

  • 電源オフ時でも、一定時間毎にインターネットに接続し、いつの間に通信を使った様々な情報の送受信や、本体・ソフト更新データのダウンロード/インストールに対応

システムの安定性や利便性の向上

  • より快適に楽しめるよう、システムの安定性や利便性の向上
Wii U ベーシックセット/プレミアムセット
メーカー: 任天堂
発売日: 2012年12月8日
保存領域: 8GB(ベーシック)/32GB(プレミアム)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で