Wii Uの海外ローンチに、ニンテンドーeショップで『Trine 2: Director’s Cut』をリリースしたFrozenbyteのマーケティング・マネージャーJulius Fondem氏は、Wii Uの性能や開発に満足していると語ります。


これはGamers Xtremeのインタビュー内でFondem氏が語ったもので、マルチプラットフォームタイトルである『Trine 2』のWii U版が、他機種版(PS3/Xbox 360)と比較しても優れたビジュアルを実現出来ていたことの質問に答えたものです。

「僕たちは、Wii Uでの開発を本当に楽しんでいます。僕らのモダンなエンジンの対応も容易に行なえましたし、本当に素晴らしいビジュアルで生き生きとした効果を盛り込む事もできました。

Wii Uは、開発中に何度も僕らを助けてくれた、多くのRAMを搭載するとてもモダンなゲーム機ですよ。ハードウェアの機能はWiiから大幅に改善されていて、Wii Uは本当にパワフルなんです。間違いなくXbox 360やPS3よりも上ですね」

Fondem氏はまた、『Trine 2: Director’s Cut』の開発期間が1年未満で済んだことや、『3』開発に意欲を見せています。現在開発中の新作『Splot』についても、決定はしていないものの、間違いなく検討するでしょうねとWii Uへの対応に前向きな姿勢を見せています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で