レアがN64向けに開発したタイトルの1つ、『Conker’s Bad Fur Day』の主要スタッフだったChristopher Seavor氏や彼のスタジオGory DetailがWii U向けタイトルの開発に向けて動き出していることをお伝えしましたが、そのゲームが『The Unlikely Legend of Rusty Pup』と呼ばれる2Dアクションであることが明らかになりました。


先日お伝えしたのはWii Uに関する開発情報のみでしたが、『The Unlikely Legend of Rusty Pup』はWii Uに加えてニンテンドー3DS向けにも開発が進められており、ニンテンドーeショップで2014年にリリース予定であるそうです。

ストーリーはとても悲しくシリアスで、大人向けの物語となっているとのこと。ブラックジョークがあり、とはいえぞっとするようなものは無いそうです。ゲームシステムは『レミングス』にヒントを得たと言い、プレイヤーの操作がゲーム世界に何かしらの影響を及ぼす事が伝えられました。

『Rusty Pup』にはこの他、キャラクターが重要な要素となり、バーチャルペットのように愛着を感じられる育成要素も含まれているということです。

Wii U向けどころか3DSにも開発が進められている事が明らかになったGory Detailの新作『The Unlikely Legend of Rusty Pup』。詳細発表を楽しみに待ちたいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で