『ゼルダの伝説』シリーズで総合プロデューサーを務める任天堂の青沼英二氏が海外サイトのインタビューに応じ、『ゼルダ』におけるダウンロードコンテンツの扱いについて答えています。


「任天堂は、ユーザーの体験を向上させるだろうコンテンツに追加する様々な方法を模索しています。それによってさらなるエリアを探索したり、あるいは単にディスク上にあるものでも体験が拡張され豊かになったりするような。

ただ、我々はまた、こうしたコンテンツを有料で提供する場合、ユーザーに価値あるものとして必要とされるかどうかを考慮しなくてはなりません。バランスの問題で、考慮していない事だとは言えないですね」

ゼルダでDLCが導入されるとすれば、考えられるのは裏ゼルダ的なものであるとか、あるいは本編とは異なるエピソードであるとかになるでしょうか。アクション要素も強まっており、その部分の期待も大きいとはいえ、基本は謎解きのアドベンチャーですから、出るとしたらそれなりに大規模なものとなりそうです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で