『ゼルダの伝説』シリーズで総合プロデューサーを務める任天堂の青沼英二氏が海外サイトのインタビューに応じ、『ゼルダ』におけるマルチプレイについてコメントしています。


『風のタクトHD』では、「チンクルボトル」という任天堂の運営するSNS「Miiverse」との連動要素が導入されますが、だからといって今後のゼルダシリーズに一般的なマルチプレイが導入されるわけではないと青沼氏は語ります。

「“チンクルボトル”で言いたかったのは、『風のタクトHD』が完全なシングルプレイであったり、孤独な体験ではないよということで、いわゆるマルチプレイを意図するものではありませんでした。

『ゼルダ』タイトルにおけるマルチプレイの例では、『4つの剣』がありました。ですが、例えば『風のタクト』で、今回“チンクルボトル”のシステムを導入しますが、これは俗に言うマルチプレイと同じではありませんし、とはいえこのシステムは、他の人々が同じ世界を探検し、情報を共有している気にさせてくれます。なのでこれは、シングルプレイで終わらない一つの手法だと思うんです。

僕たちはシングルプレイ経験の枠を超えて、この世界を広げていく様々な手法を模索し続けていきますし、必ずしも一般的に言うマルチプレイがあるだろうと言うことはありませんね」

Wii『スカイウォードソード』のCMでは、1人用のゲームでありながら友人と一緒に考えて謎を解いていく様子が表現されていました。『風のタクトHD』では、Miiverse連携の「チンクルボトル」が導入されます。

シングルプレイが基本の『ゼルダ』にも、いよいよマルチプレイの波が押し寄せてくるのかという懸念もありましたが、まずはシングルプレイの充実がまずは大前提としてあり、マルチプレイに関しては、導入されるにしても、その体験をより充実したものにするためのオプションになるようです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で