E3 2013で発表された、レトロスタジオ最新作のWii U『ドンキーコング トロピカルフリーズ』。続報として、レアが開発した『スーパードンキーコング』シリーズで楽曲を担当したDavid Wise氏の参加も明らかになりましたが、今回彼が復帰した理由について、任天堂の田邊氏が海外サイトでコメントしています。


「僕はずっとずっと昔にDavidと一緒に働いていたことがあって、それからずっと連絡は取り合っていたんです。友人の1人でもありますし。我々が今回のプロジェクトにアプローチしたとき、ちょうど彼も手が空いていました。

そこで僕は彼に電話をかけて言ったんです。“ヘイ、David! ちょっといいかい?『Tropical Freeze』に手を貸してくれないかい?”彼は喜んで乗ってきました。今回、このタイミングで彼の手が空いていたのは偶然でした。前作では叶いませんでしたし、こんなに嬉しい事はないですね」

田邊氏はまた、『トロピカルフリーズ』の楽曲は全てオリジナルになるとコメントしていますが、「さらになじみ深い数曲、David Wiseの曲も聴くことができるでしょう」と、David Wise氏の楽曲収録も示唆されています。

オリジナル版音楽担当が復帰し、さらにはディクシーコングや水中ステージも復活する、今回こそリターンズに相応しいWii U『ドンキーコング トロピカルフリーズ』は、欧米で2013年11月の発売予定です。

Wii U プレミアムセット shiro (WUP-S-WAFC) / 任天堂
Wii U
メーカー: 任天堂
発売日: 2012年12月8日
保存領域: 8GB(ベーシック)/32GB(プレミアム)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で