GfKによるChart-Trackの2013年第24週のUKチャートが発表され、14日に欧州ローンチを迎えた『とびだせ どうぶつの森(Animal Crossing: New Leaf)』が初登場2位を記録したことが明らかになりました。首位はノーティドッグの新作『The Last Of Us』が飾っています。


『The Last Of Us』は、ソニータイトルとしては2012年の『アンチャーテッド 地図なき冒険の始まり』以来となる首位をマーク。また『Bioshock Infinite』『Tomb Raider』に次ぐ今年3番目の初週販売本数、さらに新規IPとしては、2011年の『L.A.ノワール』以来最大のセールスとなったということです。

2位に入った『とびだせ どうぶつの森』は、ニンテンドー3DSソフトとして『マリオカート7』以降最大のローンチセールスを記録。また非マリオタイトルでは3DS史上最大のヒットとなったことが報告されました。

3位の『Grid 2』は前週比マイナス45%。4位には『Tomb Raider』がプライスプロモーション効果でプラス53%の伸びを見せて順位を上げています。『FIFA 13』はマイナス32%で5位にダウン、『Injustice: Gods Among Us』も価格プロモーション効果でプラス47%で6位に浮上しています。

『Far Cry 3』はマイナス1%で7位に後退、『Skyrim – Legendary』はマイナス6%で8位でした。『ルイージマンション2』がプラス18%で9位、10位は『Assassin’s Creed III』でした。

任天堂関連タイトル

『とび森』効果なのか、旧作も復帰しています。トップ40内には『とび森』『ルイマン2』2タイトルの他、15位に『ドンキーコングリターンズ3D』、23位に『LEGO City Undercover: The Chase Begins』、35位に『モンスターハンター3G Ultimate』、40位に『ファイアーエムブレム 覚醒』が入りました。

個別チャートでは、『とび森』が2位、『ルイマン2』が3位、『ドンキーコング』が4位に入り、任天堂からのコンスタントなタイトル投入で3DSが存在感を高めています。

UK Chart Top 20(2013/06/09~06/15)

  1. THE LAST OF U – SONY COMPUTER ENT.
  2. ANIMAL CROSSING: NEW LEAF – NINTENDO
  3. GRID 2 – CODEMASTERS
  4. TOMB RAIDER – SQUARE ENIX EUROPE
  5. FIFA 13 – ELECTRONIC ARTS
  6. INJUSTICE: GODS AMONG US – WARNER BROS. INTERACTIVE
  7. FAR CRY 3 – UBISOFT
  8. THE ELDER SCROLLS V: SKYRIM – LEGENDARY – BETHESDA SOFTWORKS
  9. LUIGI’S MANSION 2 – NINTENDO
  10. ASSASSIN’S CREED III – UBISOFT
  11. DEAD ISLAND: RIPTIDE – KOCH MEDIA
  12. RUGBY CHALLENGE 2: LIONS TOUR – WARNER BROS. INTERACTIVE
  13. LEGO BATMAN 2: DC SUPER HEROES – WARNER BROS. INTERACTIVE
  14. CALL OF DUTY: BLACK OPS II – ACTIVISION BLIZZARD
  15. DONKEY KONG COUNTRY RETURNS – NINTENDO
  16. BIOSHOCK INFINITE – TAKE 2
  17. THE WALKING DEAD – TELLTALE GAMES
  18. GRAND THEFT AUTO IV – TAKE 2
  19. LEGO THE LORD OF THE RINGS – WARNER BROS. INTERACTIVE
  20. REMEMBER ME – CAPCOM
とびだせ どうぶつの森 /
とびだせ どうぶつの森
メーカー: 任天堂
発売日: 2012年11月8日
希望小売価格: 4,800円(税込)
対応: ローカルプレイ、インターネット、すれちがい通信、いつの間に通信

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で