バテン・カイトス 終わらない翼と失われた海ナムコから2003年12月5日に発売された、ニンテンドーゲームキューブ用のRPG。開発は『ゼノサーガシリーズ』のモノリスソフト。

プレイヤーは主人公カラスに憑いている精霊という設定で、この設定によって、傍観者的な立場でも自然に物語に入っていける。

マグナス・バトルと呼ばれるカード選択しながら進行する戦闘が特徴的。コマンドがカードとして視覚化されているのでわかりやすく、攻撃力補正のコンボは、123と順に並べたり、あるいは同じ数字を並べていくことで発生するのも直感的でいい。難点は、全体攻撃や回復が無いことで、戦闘が長引きがちな点。

RPGは戦闘と物語が肝だと思うけれど、その物語に関しては、中盤以降二転三転する展開に続きが見たくなり、ぐいぐいと引き込まれる。やり込み要素やボリュームも多く、不満点はいくつかあるものの、やる気をそぐほどではないと思う。

シリーズ1作目としてはかなりの良作ではないかなと思う。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で