北米で6月9日に発売された、ニンテンドー3DS用ソフト『とびだせ どうぶつの森(海外タイトル、Animal Crossing: New Leaf)』の売上が、発売から5日で既に20万本を上回る販売数となっていることが明らかになりました。


販売数は任天堂が公式Facebookページで明らかにしたもので(フライング掲載だったのか、該当文章・画像は現在削除されています)、「E3 アナリストブリーフィング」で岩田社長が「eショップの初日販売記録を樹立、3DSハード売上が前週比4倍近くに膨れ上がった」と述べたとおり、国内で累計400万本を超えたモンスタータイトルは、北米でも力強いローンチを見せているようです。前作は国内500万本、海外でも500万本でしたが、本作はどこまで伸びていくのでしょうか。

また『とびだせ どうぶつの森』は欧州でも14日にローンチを迎えました。昨年末の日本市場のように、欧米でも今夏の3DS本体を大きく牽引するタイトルとして期待されています。

とびだせ どうぶつの森 /
とびだせ どうぶつの森
メーカー: 任天堂
発売日: 2012年11月8日
希望小売価格: 4,800円(税込)
対応: ローカルプレイ、インターネット、すれちがい通信、いつの間に通信

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で