Nintendo Direct @ E3 2013」にて、Wii Uでリメイクされる『ゼルダの伝説 風のタクト HD』の映像が初公開されました。


『ゼルダの伝説 風のタクト HD』は、『風のタクト』の世界を1080pのフルHDで描画していることが最大の特徴です。Wii Uのシェーダー機能を活かした表現力の向上と、テクスチャの一新で、世界ごと生まれ変わったような手応えを感じながら開発が進められていると言います。

とはいえ、元々の作品が突出したビジュアル表現で強く印象に残っているだけに、ビジュアル面以外の要素が殆どオリジナル版を再現しただけに見えてしまった部分はマイナスです。

ビジュアル以外の変更点

変更点が2つ発表されています。1つは海上の移動速度向上などゲームテンポの調整、もう1つはGCとGBAの連動要素だった「チンクルシーバー」の「チンクルボトル」への変更です。

「チンクルボトル」は、ボトルに手紙を入れて海に流す感覚で、Miiverseに投稿することができるようになります。投稿されたコメントは、他ユーザーが遊んでいる『風のタクト』世界の海岸などに流れ着き、1人用の作品でありながら情報を共有して楽しむ事が出来るようになりました。

またこのコメントには「写し絵の箱(タクトに登場するカメラ)」で撮影したゲーム内の写真を添付することができるので、攻略に活用したり、珍しいショットを見せ合うこともできます。

オリジナル版では保存枚数が少なくて、活用に苦労した「写し絵の箱」ですが、Wii U版では用途が広がりました。

GamePad単体操作「Off-TV Play」に対応

ダイレクト後に公開された「デベロッパーダイレクト」にて、青沼氏からGamePad単体操作「Off-TV Play」に対応していることや、タクト操作をタッチで行えることが明らかになりました。

終盤の課題の改善

青沼氏によれば、GC版の課題だった終盤のトライフォース集めについて、尻すぼみにならず充実感をもってエンディングまで迎えられるように、細かい調整が進められているとのこと。この点は、オリジナル版ファンにとっては最も注目が集まる部分だと思うので、どう変更されているのか気になりますね。

秋予定とされていた発売日は9月26日に決定。価格は5,985円です。

ゼルダの伝説 風のタクト HD Nintendo Direct@E3 2013 出展映像

Wii U プレミアムセット shiro (WUP-S-WAFC) / 任天堂
Wii U プレミアムセット
メーカー: 任天堂
発売日: 2012年12月8日
保存領域: 8GB(ベーシック)/32GB(プレミアム)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で