『FIFA』や『Madden』、『PES』といった複数のメジャースポーツブランドから、2013年の非対応が発表されているWii Uですが、2K Sportsの人気バスケットボールゲームシリーズ最新作『NBA 2K14』も、Wii Uをスキップすることが発表されました。


2K Sportsのシニア・バイス・プレジデントを務めるJason Argent氏がカンファレンスコールで明らかにした情報によれば、「我々は今年、Wii U版を開発していません」。

「今回の決定は、我々のリソースを現行機や次世代機向けに適切に配分できるよう、社内でおこなったものです。我々は、これらのプラットフォームにおける素晴らしい体験の開発から離れてリソースを費やしたくなかったということです」

『NBA 2K14』は10月1日にXbox 360とPS3で、またXbox OneとPS4向けにもローンチでの発売が予定されています。

前作『NBA 2K13』はWii Uのローンチタイトルとして発売されたのですが、最近見られる一連のスポーツブランドのWii U離れがここにも。Wii U本体の売上を回復していけば、今後また対応ハードに加わってくる可能性も勿論あるでしょうが、現状はどうにも悪循環が続いています。

Wii U プレミアムセット shiro (WUP-S-WAFC) / 任天堂
Wii U プレミアムセット
メーカー: 任天堂
発売日: 2012年12月8日
保存領域: 8GB(ベーシック)/32GB(プレミアム)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で