海外では2013年5月24日発売、国内では2013年6月13日に発売の『Donkey Kong Country Returns 3D(ドンキーコング リターンズ 3D)』の海外レビュースコアです。オーストラリアのスタジオMonster Gamesと任天堂の共同開発。


2010年のオリジナル版『ドンキーコングリターンズ』は77サイトで「87」と絶賛されています。3DS版も、基本的にはWii版を忠実に移植したタイトルであるものの、その移植度の高さとニューモードや新コースなどの追加で高評価を得ています。

6月9日時点で51のレビューが掲載され、ポジティブな「75」以上が45サイトと圧倒的に多数。そのうち14のサイトは「90」以上のハイスコアをマークしています。

100/100 Toronto Sun

私は2年前にWii『ドンキーコングリターンズ』をレビューし、掘り下げました。今日、『DKR3D』でますます好きになりました。移植、再リリースタイトルに満点を付けたことを奇妙に感じていますが、本作はそれだけではありません。

深刻な欠点も無く、3DSで遊べるベストゲームの1つです。また、立体視は最高に活用されており、しかし立体視をオフにした状態でも(なにせ元がWiiソフトなので)完全に遊ぶ事ができます。

100/100 Destructoid

あなたがWii版『ドンキーコング リターンズ』を遊んでいないのであれば、あるいはオリジナル版のモーションコントロールが気に入らなかったとしたら、今回の『ドンキーコング リターンズ 3D』を試してみてはどうだろう。

ソリッドに感知するフィードバックで、3DS版『DKR』は、紛うことなく私の大好きなゲームの1つとしての地位を固めました。

98/100 Cheat Code Central

最初からここにあることを察していたかのように、『ドンキーコングリターンズ』のヴィジュアルは、3DS仕様へ完璧に移植されました。全てのアクションや素早いタイミングが要求されるにもかかわらず、あらゆるものが3DS小さな画面にぴったりとフィットし、それほど煩わしく感じることもありません。

90/100 Hardcore Gamer

概して『ドンキーコング リターンズ 3D』は、最近の中では最も挑戦しがいがあり、さらにはそれに報いてくれる3DSタイトルの1つです。『DKR3D』は理想的な移植の形です。

90/100 Polygon

2010年、Wii『ドンキーコング リターンズ』は、非常に優れたゲームでした。厳しめのレベルデザインと素早いアクションを採用して、90年代の『SDK』シリーズよりもよくできたノスタルジックな冒険でした。

Monster Gamesの開発した3DS版『ドンキーコング リターンズ』は、お約束をさらに微調整し、より良いコントロールとちょうど良く感じる新たな難易度を備えています。『DKR3D』は密度の濃い最高のバージョンで、速いテンポと美しくデザインされたゲームです。

90/100 Nintendo Life

『ドンキーコングリターンズ3D』の立体視は素晴らしく、おそらくこれ以上有効に使った3DSゲームはまだありません(元々3DS向けにデザインされていないゲームである点は皮肉だけれど)。そして『DKR3D』は、Wii最高峰ゲームの1つをしっかり移植したタイトルです。

Wii版のように絹のような滑らかさではないし(30fpsなので)、振り操作は取り除かれています。ですが、もしあなたがWii版を遊んでおらず、移動中に遊んでみたいと考えているなら、『DKR3D』はマストバイです。

また、もしあなたがWii版を既に遊んでいて、さらに3DS版を遊ぼうかどうかと考えていたとしても、3DS版が中途半端で杜撰な移植では無いことを確信できるでしょう。

89/100 IGN

『ドンキーコングリターンズ3D』は、素晴らしいゲームの見事な移植です。追加コースは付加価値を加え、新たなイージーモードではさらに多くの人々がドンキーコングを楽しめるようになるでしょう。

当然ながら、3DS版はWii版と全く同じグラフィックとはいかず、フレームレートが低下している点は気になるものの、ほぼ再現しきっています。

85/100 Game Informer

オリジナル版のファンは、彼等自身でこの3DS版のリリースを楽しめる事を見つけるでしょう。そのままで、モーションコントロールを使わずに、ドンキーコングの様々な動きを実行できる事は素晴らしい。また、Wii版では無かったゲームクリア後の8つのボーナスステージがあることも特徴です。

ファンタスティックなオリジナル版を遊んでいない人々にとっては、この世代最高の3DSゲームを『ドンキーコングリターンズ3D』で見つけることができるでしょう。

70/100 GameSpot

『ドンキーコングリターンズ3D』は、でこぼこなアップデートです。オリジナル版で作られた中核要素はとてもスリリングなまま存在し、ビジュアルの問題が、満足のいく挑戦にあってもしばしば不公平に感じるものを覗かせます。

ローカルプレイの協力プレイは、問題を解決してくれません。他のプレイヤーが加わってくことで、さらに難しくなることを目の当たりにすることになるでしょう。

しかしながら、『DKR3D』は、探索や収集要素のある多くのレベルがある良いゲームです。ただ、高齢のゴリラに畏敬の念を抱くことを期待はしないでください。

60/100 Metro GameCentra

Wii『ドンキーコングリターンズ』は素晴らしかったけれど、3DS版はギミックフリーな2Dゲームのシンプルな魅力と懐かしさの琴線に強く触れるものがあるだけだ。

長所:小気味良いペースト陽気なアクション、近年における最高の2Dゲームデザイン。魅力的なアニメーションと素晴らしいサウンドトラック。モーションコントロールが無いところ。

短所:新しいアイデアへのアプローチが無く、最初から終了前まで前作の繰り返し。多くのセクションで発生する、わかりづらい酷く損なわれたビジュアル。限定的な協力プレイ。

ドンキーコング リターンズ 3D / 任天堂
ドンキーコング リターンズ 3D
メーカー: 任天堂
開発: Monster Games
ジャンル: アクション
発売日: 2013年6月13日
対応: ローカルプレイ
DL版必要空き容量: 最大2.2GB(18,022ブロック)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で