プレE3ショウでのデビュートレーラー公開を予告するティザートレーラーが公開された、コナミの人気サッカーゲーム『ウイニングイレブン』シリーズ最新作『ワールドサッカーウイニングイレブン2014』ですが、コナミから正式に同タイトルの発表が行なわれました。


「コナミデジタルエンタテインメントは、来る『PES 2014』が全く新しいエンジンによってPES開始以来最も包括的な進歩が実現し、シリーズの新たな始まりを迎えることを表明いたします」

東京を基盤とするウイイレプロダクションチームは、新たなフットボールへのアプローチに4年間費やし、新システムに小島プロダクションのFOX Engineを中核に採用しています。チームはフットボールタイトルの複雑な要求に適応するよう拡張、および強化されたFOX Engineを使用しています。

先日発表されたAFCチャンピオンズリーグのほか、UEFAチャンピオンズリーグのライセンス更新についてもまもなく発表される予定。

『ウイイレ2014』は、物理学やゲームの特徴を定義する6つのキーエレメンツに基づいています。

現実的な挙動を再現する「TrueBall Tech」、リアルな接触表現をもたらす「Motion Animation Stability System(M.A.S.S)」、チームサポート効果を再現することを目指す「Heart」、固有選手のプレースタイルを再現する「PES ID」対応選手の大幅な増加、戦術の幅を広げる「Team Play」、選手の動き、ユニフォーム細部、選手の表情、スタジアムなど全てにおいてビジュアルが劇的に変更された新エンジンによる「The Core」。

『ウイニングイレブン2014』の対応ハードは大幅に削減されPS3、Xbox 360、PSP、PC。2013年中にリリース予定。今後次世代機を含む追加ハードの発表があるかもしれませんが、現時点ではこの4つとなっています。さらなる詳細はプレE3ショウ、およびE3で発表される予定です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で