N64で発売された任天堂やレアのクラシカルな箱庭アクションゲームに強い影響を受けたという『A Hat In Time』を以前ご紹介しましたが、デベロッパーのMecha the Slagが3万ドルの調達を目標として29日よりKickstarterを開始し、あっという間に目標額を突破しました。


今後の目標として4万ドルでデベロッパーコメンタリー、5万ドルで協力プレイモード、8万ドルでボーナスチャプターなどが予定されていますが。31日時点で5万ドルまではクリアしています。

『A Hat In Time』は、主人公Hat Kidを操作して、悪だくみをするMustache Girlの妨害を交わしながらばらばらになった時間の欠片を取り戻すのが目的の箱庭アクションゲーム。

往年のN64箱庭ACTを現代風にアレンジされていて、キャラクター個人のジャンプアクションの他、アップグレードで様々な能力を備えるようになる傘を使ったアクションも搭載されているということです。

また、Wii Uへの対応ですが、ライセンスを所持し使用しているゲームエンジンがWii Uをサポートしていないということです。ただWii U版を開発したい思いは依然として強く、実現できるように全力で取り組んでおり、Kickstarter期間中に開発の準備が整った旨をアナウンスを行いたいとのこと。

ジャンル的にもビジュアル的にも任天堂関連の影響を強く受けたアクションゲームですから、開発が決定することを期待したいです。現在開発中のPC/Mac版は2014年Q1リリース予定。

A Hat in Time – Kickstarter Launch Trailer!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で