レアがN64向けに開発した最後のソフト、『Conker’s Bad Fur Day』(国内未発売)やリメイク移植でプロジェクトリーダーやゲームデザイナーを務めたChristopher Seavor氏は、Twitter上で、現在所属するスタジオがWii Uの開発キットを取得する意向であることを明らかにしました。


Seavor氏は『コンカー』のプロジェクトリーダーかつゲームデザイナーで、さらにボイスやスクリプトも担当していた人物だそう。その後、自身の開発スタジオ「Gory Detail」設立のためにレアを退社。Gory Detail名義ではiOS『Parashoot Stan』をリリースしています。

そんなSeavor氏ですが、Gory Detailが年内に3つのWii Uの開発キット取得に動いていることを明らかにしました。気になるプロジェクト内容についてはトップシークレットだということですが、64のロゴをチェンソーでぶった切るのはほんの序の口で、ゲーム中でもお行儀の悪い反任天堂的なリス「コンカー」を作りあげたデザイナーが任天堂のゲーム機に戻ってこようとしているのは、何だか興味深い動きです。はたしてどんなゲームが制作されるのでしょうか。

Wii U プレミアムセット (WUP-S-KAFC) / 任天堂
Wii U ベーシックセット/プレミアムセット
メーカー: 任天堂
発売日: 2012年12月8日
容量応: ベーシック8GB/プレミアム32GB

85円
(2013.05.26時点)
posted with ポチレバ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で