E3 2012で新規IPとしてUbisoftから発表され、欧米で2013年11月のリリースも決定した『Watch Dogs』ですが、Ubisoftはゲームのクオリティと同様に、売上についても良い数字を見込めると確信しています。


2007年に誕生し、今やUbisoft看板タイトルの1つに成長した『Assassin’s Creed』シリーズ。デビュー作の売上は、世界800万本以上を記録したといいます。Ubisoftはその『AC1』の売上を引き合いにだし、『Watch Dogs』はおそらく『AC1』と同等かそれ以上の売上を達成できるだろうとしています。

アサクリデビューの2007年当時とはゲーム業界を取り巻く環境は大きく変化しました。パッケージソフトは、一部大型タイトルへ一極集中の傾向が強まっていますが、新規IPの『Watch Dogs』がはたして売れ筋タイトル側に加われるのかどうか注目されます。

『Watch Dogs』はWii U、Xbox 360、PC、PS3、PS4向けに、北米で11月19日、欧州で11月22日に発売予定です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で