カプコンが2013年7月25日に発売予定の、待望の『逆裁』シリーズ最新作3DS『逆転裁判5』ですが、海外でも今秋リリースされるものの、ニンテンドーeショップ経由のダウンロード専売となることが明らかになりました。


海外版『逆転裁判5』(Phoenix Wright: Ace Attorney – Dual Destinies)がニンテンドーeショップ経由のダウンロード販売のみとなった理由ですが、IGNがカプコンから得た回答によれば、

「過去の例から見ても、『逆転裁判』シリーズタイトルが小売店から長期的なサポートを受けるのは難しく、カプコンは『逆転裁判5』の発売にあたり、できるだけ多くの3DSユーザーにゲームを長期に渡って楽しんでもらえるよう、今回のニンテンドーeショップ経由でのデジタルダウンロードオンリーという決定に至りました」

またパッケージ版を期待していたユーザーに向けては、

「カプコンは、この決定がパッケージ版を購入してソフトコレクションに追加出来ると考えていたファンを動揺させかねないことを存じています。ですが、DL版の採用は、ファンが余暇の中でいつでもゲームを楽しむことが出来る事を保証する最良の選択だと考えています」

カプコンは『Phoenix Wright: Ace Attorney – Dual Destinies』の価格やゲーム詳細について、追って発表するとしています。

近年は欧米小売店のプライスプロテクションによるメーカー負担が大きく、加えて一部大型タイトルの寡占化が進んでいることから、パッケージ市場はデジタルマーケットと比較した場合に依然として大きな市場ではあるものの、莫大な売上を見込めないソフトの場合、パッケージ版を選択する理由が失われつつあります。スクエニがプライスプロテクションの補填も影響して業績不振に陥ったのは記憶に新しいところ。

ほかの3DSソフトの例で言えば、『コード・オブ・プリンセス』や『GUILD01』が海外ではダウンロードオンリーで発売されていますし、Wii Uだと『真・北斗無双』がダウンロードソフトとして発売されました。国内ではまだ数少ないですが、この流れは海外を中心として今後数年でさらに加速していきそうです。

逆転裁判5 / カプコン
逆転裁判5
メーカー: カプコン
開発: カプコン
ジャンル: 法廷バトル
発売日: 2013年7月25日
対応: ニンテンドーネットワーク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で