セガサミーホールディングスが10日に発表した2012年度の通期業績の中で、昨年末に欧米でリリースしたソニックのレーシングゲーム『Sonic & All-Stars Racing Transformed』(PS3、Xbox 360、PS Vita、Wii U、ニンテンドー3DS、PC)が累計136万本を販売した事が明らかになりました。

Wii U版は31万本、3DS版は19万本を販売

ハード別の内訳ですが、基本的には合算でしか発表されていないものの、セガが昨年度にリリースしたWii U向けパッケージソフトは『Sonic & All-Stars Racing Transformed』以外に無いため、Wii U版の販売本数は31万本であることが判明しています。また3DS版も、同じ補足資料から19万本であることがわかっています。

2013年度はWii U向けに7SKU、3DS向けに6SKUを発売予定

またセガが公開した補足資料によれば、2014年3月期はWii U向けに延べ7タイトル95万本、3DS向けには延べ6タイトル98万本の販売計画となっています。Wii Uソフトは第2四半期(4-9月)までに3タイトル17万本の計画。とはいえこのタイトル数はSKUとなっているため、主要3地域にそれぞれ発売されるとなると、本数は3分の1に減少します。Wii Uと3DSそれぞれに噂の出ている『ソニック』最新作と、五輪イヤー恒例の『マリオ&ソニック』、それともう1タイトルという感じでしょうか。

『Sonic & All-Stars Racing Transformed』は評価も高く、ローンチソフトの中でも国内発売を渇望されていたタイトルの1つだったりしますが、発売決定のアナウンスはいまのところありません。

任天堂からは、E3 2013でWii U向け『マリオカート』の最新作が発表予定となっているなど、もはや時期を外した感もあり、国内発売の望みは薄そうです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で