イギリスの小売大手、スーパーマーケットチェーン「ASDA」が、ソフト不足などから販売不振に陥っているWii Uの価格を引き下げてベーシックセットを「149ポンド」で販売し、Amazon等他通販サイトもこれに追従しています。


ASDAは「ベーシックセット」の価格を149ポンドとし、それまでの取扱い価格から50ポンド引き下げて販売。この値下げ前の段階でも既に値下げが行なわれており、定価からは100ポンドも安く販売されています。

ASDAは3月にも、「Wii U プレミアムセット」に『New スーパーマリオブラザーズ U』を同梱したパックを265ポンドで販売していました。短期間で2度の値下げが行なわれた今回のASDAの動きに合わせ、Amazon.ukやPlay.comでも、同様に「Wii U ベーシックセット」の価格が引き下げられています。

この他ASDAでは、「33% Off Wii U Games & Accessories」と銘打ちソフトや周辺機器に対しても処分セールともとれるような大胆な値下げを敢行。『Nintendo Land』や『Batman Arkham City: Armoured Edition』などが大幅に値引きされ、販売されています。

任天堂は、中途半端な品質で販売するよりも、任天堂らしいクオリティに仕上げることを重視し、初期に予定されていたソフトを軒並み延期。そのため、ソフトスケジュールには大きな穴が空き、ハードセールスも低迷しています。

ユーザーからばかりではなく、取引先である小売業者からの信用も著しくキズが付いてしまったかのように見えますが(シェアの高くないUK地域なだけに一層厳しい状況に)、夏の『ピクミン3』以降、続々と発売される任天堂のビッグタイトル群でどこまでこれを回復していけるでしょうか。

ちなみに一部報道で通貨単位を「ユーロ」として伝えられたようですが、正しくは「ポンド」です。

Wii U プレミアムセット (WUP-S-KAFC) / 任天堂
Wii U ベーシックセット/プレミアムセット
メーカー: 任天堂
発売日: 2012年12月8日

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で